Robotic Crowd は、EUC型RPAを成功に導きます

ブラウザ上で利用

直感的でわかりやすいGUI

多数のユーザー管理も簡単

クラウドで実行するRPA
PCを用意することも、サーバーを立てる必要はありません。ブラウザが動作するすべての環境で利用することができます。
推奨:確認済:確認OS:

有名IT企業が利用

高い柔軟性

豊富な制御機能

条件分岐や繰り返しはもちろん、スケジュール実行もサポートされます。工夫次第で巨大なワークフローを作成できます。
If 文
条件によってフローを制御します。データがあった場合、なかった場合でワークフローを制御できます。
For Each 文
リストの要素について一つずつ繰り返します。表データからの入力について繰り返すなど使えます。
Loop 文
指定回数を繰り返します。追いかけるページ数、調査するデータ数など。
他のワークフロー実行
ワークフロー内で、他のワークフローの実行します。(9月公開予定)
スケジュール実行
決まった時間にワークフローを実行します。非常に柔軟な設定ができ、cron形式もサポートしています。

アプリケーション統合

Chrome、メール、Gmail、Excel、Spreadsheetなど様々なアプリケーションをまたぐ自動化が可能です。
chrome
Chrome
Chromeブラウザの自動化をサポートしています。クリック、文字入力は、ブラウザ上で行います。
gmail
Mail
Gmail、SMTPをサポートしています。メールの送信受信も問題ありません。
excel
Excel
エクセルデータの読込、更新、作成が可能です。
sheets
Google Sheets
Google Sheetsの作成、読込、更新が可能です。
Storage
各種クラウドストレージとのファイル連携をサポートしています。

認識サービス、人との連携

Google Vision APIを活用したり、人の認識能力の活用もできます。
人との連携
人の手による入力を求めることができます。あとはロボットが自動に実行します。
クラウドソーシング
人にしかわからないことは、クラウドソーシングに任せることもできます。(開発中)
vision_api
画像認識
Vision APIを用いて、文字認識(OCR)、タグ付け、不適切コンテンツ検出などができます。
natural_lang_api
自然言語分析
文章がネガティブかポジティブか判定したりできます。(9月公開予定)
and more...
より人に近い動作が行えるよう日々開発を続けています

アプリケーション統合

各種クラウドサービスとのAPIによるインテグレーションが豊富です。

Chrome

Gmail

Slack

Excel

Google Sheets

Search Console

Google Analytics

dropbox

box

Google Drive

OneDrive

Vision API

JavaScript

直感的な使い方

ドラッグ&ドロップで利用するヴィジュアルモード、テキストでコードを書くエディタモードの両方をサポート。また、Chrome拡張機能を使えば、普通にChromeを操作するだけで、ブラウザの自動化を実現できます。

直感的な操作が可能なヴィジュアルモードでは、アクションパネルをDrag&Dropするだけ簡単にワークフローを作成できます。

社内ネットワークへのVPN接続・固定IPをサポート

SaaSでありながら、VPN接続(L2TP over IPsec)、IPアドレスの固定化がオプションでサポート可能です。これにより、社内のネットワークへの接続も可能になります。

VPNによる接続

VPN接続を利用することにより、ロボットは社内ネットワークにアクセスできます。社内の基幹システムと安全に連携することが可能になります。

IPアドレスの固定化

固定IPアドレスを利用することによって、インターネット上すべての場所からのアクセスを許可せず、クラウド上のロボットにだけ接続を許可することができます。

新機能追加

社内の共有ファイルサーバーからのファイルダウンロード機能など、新しい機能を順次サポートしていきます。。